鍼灸受領委任制度について

しばらく記事が上がっておらず申し訳ありません。

2019年1月より開始となりました鍼灸受領委任制度について触れたいと思います。

まず受領委任制度とは、

施術者が厚生局に受領委任契約の締結を行うことで行政が公に受領委任の取扱を認める制度です。

厚生局と契約締結しているため、もし何らかの不適当な施術所と判断された場合、取扱の中止などの措置もあります。ですので今後個別指導や個別面談の可能性もあり今以上に施術録の記載・管理は徹底していただく必要があると思います。

申請書についても様式「様式6号」「様式6号の2」での提出にしなければいけない。など

個人請求で行われている方で、制度の変更で分からない方・施術報告書交付料が算定できていない等

施術院様の不明点の解決のお手伝いできればと思いますので一度ご相談ください。



お気軽にご相談ください。tel059-327-5525 受付時間|9:00~17:30(土日祝日休み)

資料請求・お問い合わせ

レセコンコツ骨

レセコンコツ骨は、全国で最も実績のある接骨師会が
開発した、整骨院・接骨院運営の強力な武器とするための
“柔整専門レセプト作成管理システム”をご提供いたします。

Copyright© ‘2019’ KOTSUKOTSU All Rights Reserved.